横浜市中区山下町|元町・中華街駅前|歯科|セラミック・歯周病治療

お問合わせ・ご予約 045-225-8816

歯周病治療・定期検査・予防

歯周病は全身疾患にかかわる病気

歯周病は成人の8割以上が罹患していると言われている国民病です。最近では、成人・高齢者層のみならず、若年層にも歯周病の罹患が認められており、歯科医療として特に注視すべき治療となっています。

どんなに虫歯を治したとしても、歯周病が進んでしまうとグラグラになって抜かなければならない状態が多々あります。
また、歯周病は全身疾患(糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・肺炎・早産)に影響する事も判っています。

ウィステリア歯科室では、歯周病治療を歯科治療の基本と考えており、特に強化して取り組んでいます。
その結果、お口の健康から全身の健康へとつながる事によって、皆様が毎日笑顔で生活を送れる様に、アドバイスさせて頂きながら治療を進めていきたいと考えています。

定期検査と早期発見

歯周病の進行度を測る際に指標となるのが、『歯周ポケット』の深さです。通常、健康な歯茎の場合は、この歯周ポケットの深さは1〜3mmです。しかし、歯周病が進行すると、どんどん深くなっていきます。そこで定期検査では、これら歯周ポケットの測定などを行い、現在の歯周病の状態をチェックしていきます。さらに正確にお口の状態を把握したい場合や早期発見に大きく貢献する検査として、位相差顕微鏡検査や唾液検査も重要です。

これらのことから、歯周病治療の基本的な考え方としては、『早期発見・早期治療』が重要です。できるだけ早めに歯周病になりにくい口腔環境を作っていくことも重要です。そのためにも、当院では、歯科医院での定期的な検査とメンテナンスを受けて頂くことをお勧めしています。

①歯周病検査

歯周ポケット検査・位相差顕微鏡検査(細菌検査)・唾液検査(細菌検査・リスク検査 等)・レントゲン検査


健康な状態歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)は、1〜3mmが正常範囲。
歯肉炎歯と歯ぐきに歯垢がついたままの状態を放置すると歯ぐきに炎症が起こり、3〜4mmの隙間ができる。
歯周炎(軽度)歯ぐきの炎症がひどくなると、歯周病菌が歯周組織に侵入。歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめる。
歯周炎(中度)歯ぐきの炎症がさらに拡大すると、歯槽骨の破壊が進む。歯がグラツキはじめる。
歯周炎(重度)歯槽骨が半分以上破壊されると、歯がグラグラになる。

②ブラッシング指導

ブラッシング指導を受けて頂くことは歯周病治療・予防には、とても重要な指導項目です。多くの患者さんは自己流でブラッシングしている事が多く、磨き残しが多かったり、歯肉を痛めている状態を目にする事が多々あります。この様な状態では歯周病を治していく事は難しくなります。そこで、プロである歯科衛生士に正しいブラッシング方法を学ぶ事によってお口の中を清潔に保ち、歯肉の状態も改善され治療工程が円滑に進める事が出来ます。

当院では、マンツーマン式で1回40~50分程度かけて丁寧に行います。(3回1パック;多くの患者さんを3回程度で合格ラインまで導いています。合格ラインまで届かない患者さんには追加指導を受ける事をお勧めしています。)

ブラッシング指導 染めだしと評価算出

磨きの残しのチェックをするため、染め出しを行います。普段、どの部分に磨き残しがあるのかが理解できます。また、「どれだけ磨き残しがあるか?」の評価算出も行います。この評価方法によって、患者さんにも解りやすく「現在、自分がどれだけ磨けているか」を知る事によって合格ラインを目指して頑張って頂きます。 

染めだしと評価算出

③歯石の除去

歯石の除去日々のブラッシングの磨き残しの蓄積により、歯に付着したプラークが石灰化したものが歯石です。歯石は日々の歯磨きでは落とす事はできません。よって、歯科医院にて取り除いてもらわなければなりません。歯科医院ではスケーラーという特殊な器具できれいに取り除きます。

④P.M.T.C

PMTCとは、単純に歯石を除去するだけでは歯の表面のバイオフィルム(※)を取り除く事ができないために、特殊な器具を用いて歯の表面を処理します。歯周病治療では非常に重要な処置です。
(※)バイオフィルムとは:歯の表面について汚れやプラークの元になる細菌の膜

PMTC

歯周内科治療

歯周内科治療当院では、痛みの少ない「歯周内科治療」を行っています。歯周内科治療とは、薬を内服・塗布し歯周病を早期に改善していく方法です。内服薬を服用し、ブラッシング指導を受けて正しいブラッシングを行えるようになると、1週間程度で患者さんご本人が口臭の減少を実感するようです。

手順としてまず、原因菌の状態を把握するため、位相差顕微鏡を使用してお口の中の細菌検査を行い服用する薬を決定します。 その後、歯石の付着した歯面にPMTC処理を行い薬を塗布します。(PMTCについては別頁で説明。)この治療工程を正常菌叢になるまで1週間に1度、繰り返していきます。

これらの方法によって、殆んど痛みを感じずに歯周病初期の段階では大きな効果を上げる事ができています。

歯周外科手術

当院では、重度歯周病に罹患している患者さんに歯周外科手術を提案しています。

歯周外科手術を行っている医院は現在でも珍しい部類に入り耳にする事が少ないと思いますが、ご自身のお口の健康を取り戻すためにも必要な治療です。
もし、必要な治療を受けないとすると「保存可能な歯も保存出来なくなる。」という事にもなります。
外科手術というと緊張なさると思いますが、ご自身の今後の人生を考えた上で決断して下さい。当院では外科手術を無理強いする事はありません、患者さんが決断されるまでのアドバイスをさせて頂きます。いっしょに相談しながら進めていきましょう。

歯周病予防(定期検診・メンテナンス)

当院では、特に歯周病予防に力を入れています。前述した通り、歯周病治療は『早期発見・早期治療』が基本です。できるだけ早めに歯周病の進行を抑えられるようなアプローチが必要です。

《メンテナンス時の各項目》

①歯周病検査

歯周ポケット検査・位相差顕微鏡検査(細菌検査)・唾液検査(細菌検査・リスク検査 等)・レントゲン検査

②ブラッシング指導

③歯石の除去及びPMTC

④積極的に予防を意識されている方には「3DS法」をお勧め致します。

予防歯科

最近の歯科では、できるだけ虫歯や歯周病にならないよう、予防と早期発見のために定期的に歯科医院に通っていただく予防歯科が中心となっています。

虫歯や歯周病は、徐々に進行していくお口の中の病気です。
できるだけ早めに治療を行う事で、虫歯であれば小さな範囲で済み、歯周病であればそれ以上の重症化を防ぐことができます。

当院では、治療はもちろんの事、虫歯や歯周病にならないための健康な口腔内環境作りを大切にし全身への健康に繋げ、豊かな人生を送られるよう協力させて頂きます。

お口の健康と体の健康

ここからは、お口の健康がいかに全身の健康に関わっているかについてのご説明いたします。

例えば、残存歯(残っている歯)が多い人ほど年間の医療費が少ないという事が分かっており、残存歯が0本〜4本の人と、20本以上の人を比べると、年間の医療費は1.5倍も違うことがわかっています。つまり、歯が20本以上残っている人は、そうでない人よりも医療費がかかっていないということです。年間の医療費がかからないということは、病院に通わず過ごせるということです。歯医者さんに通う事で健康を維持できるということは、歯科医院に通う最大のメリットです。

残存歯数と医科医療費の関係

また、定期的に歯の検診をうけていた患者さんの平均残存歯数は定期検診をせずに歯の治療だけをうけていた人の残存歯数を比較すると、80代では、これだけ差があるというデータがあります。できるだけ早い段階から、定期検診を受けて頂き、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療に努めていただく事が、残存歯数に多くの影響を受けることがわかっています。

3DS法

当院では、虫歯および歯周病治療の予防法として「3DS法」を提案しています。3DS法とは、虫歯や歯周病のリスクの高い患者さんに、マウスピースのような装置を使用して虫歯や歯周病菌の除菌を行う方法です。今までの時々、フッ素を塗布するだけの方法と比べて積極的で予防効果の高い方法です。

まず最初に、唾液検査を行いリスク判定をした後、歯科衛生士によって、歯面清掃を行いバイオフィルムを除去し、専用マウスピースに抗菌剤と殺菌消毒薬を注入したものを、お口に装着します。これをプログラムに従って家庭内でも定期的に行って頂く方法です。(自由診療となります)

3DS法

歯科口腔外科治療について

当院では、歯科口腔外科治療を行っています。歯科口腔外科治療とは、歯科治療における外科的治療の事で、埋伏抜歯手術、歯周外科手術歯根端切除手術インプラント手術などがそれにあたります。(それぞれの治療については、各ページをご参照ください。)

当院では、口腔外科治療専用の手術室を完備しており、外科処置に必要な設備を整えておりますので安心して受診して頂けます。

口腔外科領域で最も多く扱う処置が、親知らずの抜歯です。親知らずは歯の殆んどが埋まっている状態が多く、「埋伏抜歯手術」が必要となります。埋伏歯はあごの骨の深い部位に埋まった状態ですから、血管や神経等の走行を把握する事が重要です。当院ではCTを設備しており、これを利用して安全に対処する事を心がけています。また、深い部位に位置するため、通常の操作で抜歯する事は難しく専門的な技術も必要です。

歯科口腔外科治療について