日頃、治療をしていて患者さんからインプラントの治療について質問されることがあるので、

その中でも、よく聞かれることをお話しようと思います。

 

「以前、他の医院に通院している時に、顎の骨が痩せているからインプラントは出来ないと言われました。」

「だから、インプラントを諦めていたんです。」

という、お話を聞くことがあります。

インプラントは、顎の骨に手術して埋めるものですから、

「骨が痩せている。」

という状態ならば、インプラントの治療が出来ないというのもうなずけます。

しかし! ちょっと待って下さい。

痩せた顎の骨にもインプラントを埋める手術方法があるのです。

それは、「人工骨の移植」です。

この人工骨移植の手術は特殊な部類なので、一般的には実施されていないことが多いようです。

そこで、私達「インプラント専門医」は人工骨の移植等、専門的な手術方法を学んでいますから、

実施することが可能なのです。

そもそも、歯を抜いた顎の骨は、歯が存在した状態と比較して40%程度も痩せてしまうのです。

ですから、多くの症例ではインプラントを埋める際に人工骨の移植が必要となるはずです。

適正な位置に埋めるため、適正な長さや太さのインプラント体を埋めるためにも人工骨の移植

は大変重要です。

 

顎の骨が痩せていても、当院ならばインプラントの治療を実施してあげられるかもしれません。

お悩みな方は、ご相談下さい。