新規の患者さんで、年配男性が急に来院されて

「これは何ですか?!」

と青ざめた顔をしてお口の中を見せるのです。

拝見すると、下顎の内側に骨のデッパリがあります。

それもパチンコ玉位の大きさのものが左右に3つも!!

「これは骨隆起と言って、骨の塊です。

歯ぎしり・くいしばりが強い人にできるもので、悪性の腫瘍ではありません。」

と説明してあげたら、ホッとしていました。

案の定、悪性の腫瘍かと思っていたそうです。

しかも、昨日、急に気になり始めたそうです。

 骨隆起は何年もかけて徐々に成長してくるもので、短期間で急に成長するものではありません。

こちらの患者さんには下顎にできていましたが、上顎にもできます。

治療方法も、日常に差し支えなければ経過観察で良いと思います。

入れ歯を装着した際に、骨隆起にあたってしまい使用することが困難な場合は、

骨整形手術を行うと、入れ歯があたらずに快適に装着することができます。

 骨隆起を抑制させるためには、就寝時に「マウスガード」を使用することをお勧めします。

当院ではご本人専用のものを製作しており、薄く作られていますので違和感が少なく、

就寝時もすぐに慣れて使いやすいと言われています。

また、以前は自費診療でしたが、現在では保険適用されています。