前回まで、インプラントの治療を始める前にまず、歯を失った原因を解決することが重要で、その第1位が歯周病、2位が虫歯と言うお話をしました。

それでは、第3位は何が原因だと思いますか?

それは「不正な咬み合わせ」と「歯ぎしり・くいしばり」です。

 

 咬み合わせが悪いと、咬む力のバランスが悪くなって一部の歯に負担がかかり続けます。歯ぎしり・くいしばりが強いと、瞬間的にでも強大な力がかかり、破折したり動揺したりしてその歯の寿命が短くなってしまいます。そこへインプラントを埋入すれば強大な力がかかり破折・動揺の原因となります。特にインプラントは歯ぎしり・くいしばりに弱い傾向があります。

 インプラントの治療が完了した後に、トラブルを起こさないためにもきちんと咬み合わせの治療を受け、歯ぎしり・くいしばりの対策を行うことが重要なのです。

 

 今回まで、インプラントの治療を行う前に受けなければならない重要な治療を3つお話しました。

これらは、日頃の治療でも当然なはずなのですが、治療期間がかかるという理由で患者さん側からお断りされる場合が多くあるのです。しかし、インプラントは費用がかかる上、手術も必要な治療なので治療完了後も長く維持して欲しいと誰もが思っています。そうであれば、治療期間が長期的になったとしても、各治療を受けることが重要なはずなのです。