歯を失う原因の第1位が歯周病で第2位が「虫歯」となっていました。

今回はインプラントの治療を受ける前に「虫歯の治療」を済ませておく意義をお伝えします。

虫歯は小さくても、大きくても虫歯菌が存在します。

虫歯も細菌感染と考えて下さい。

歯周病のページでもお話しましたが、たくさんの菌が存在する口の中で手術しても、その細菌にインプラントが侵されてしまいます。この様な状態では良い結果は得られないのです。

虫歯をその大きさで分類すると

C1 : エナメル質までの虫歯

C2 : 象牙質まで達した虫歯

C3 : 神経まで達した虫歯

C4 : もはやボロボロな状態

C1,C2は虫歯を削り取り、人工の材料を充填する治療で完了します。

C3は神経の治療が必要になり、期間も長くかかります。

C4は保存する事が難しくなり、抜歯する割合が高くなります。

 

C3,C4の状態で放置していると、急に痛み始めたり、咬めば痛いのでこの部位で咬むことを避けるようになります。

虫歯の無い反対側の歯ばかりで咬む様になるので、やがて負担がかかり歯が破折したり動揺したりします。

これでは、インプラントの手術どころではなくなります。