先日、インプラント専門医の勉強会の記事を掲載しましたが、患者さんから専門医の件で良く聞かれることがあるのでお話しておこうと思います。

 

 時々、患者さんにインプラントの治療で質問されることがあります。

そこで、少し難しい手術が必要になった場合、その説明をしていると不安な表情を浮かべる患者さんが多くいらっしゃるので、

「私は専門医ですから、この様な手術に対しては経験がありますので、心配なさらないで下さい。

手術が怖いようでしたら、ムリにはお勧め致しませんのでご安心ください。」

とお話しています。多くの患者さんが専門医と聞いて安心して頂けるのですが、なかには

「看板にインプラント、て書いてあればみんな専門医なんですよね?」

「専門医、ってどういう先生のことですか?」

と聞かれることが多々あります。

看板の表記=専門医、 では無いのです。

基本的に、看板にはその医院が治療する主な科目を掲示しています。

歯科医師ならば、どの歯科領域の治療を行っても法律的にも良いのです。

ですから、その掲示された科目が専門医である必要もありません。

インプラントの専門医において説明をさせて頂くと、

国内で「専門医」を取得する場合、厚生労働省の認可を受けた学会のみになります。

学会自体、厚生労働省の厳しい基準を満たせていなければ専門医制度を実施する事ができません。

厳しい基準は、専門医を取得する際にも大いに関係してきます。

まず、専門医の「本試験」はいきなり受験出来ません。

数々のハードルを乗り越えてこなければ、受験さえ出来ません。

これを日々の診療の後に準備・勉強しなければいけないので、開業医が取得するとなると大変な訳です。

ですから、どんな科目でも専門医を取得しているのであれば「それなりに努力した人」と言えると思います。

 

 現在でも、インプラントの治療を習得する際にはメーカー主催の講座を受講することが多いと思います。

私も勤務医時代に、まずメーカー主催の講座を受講しました。

当時はまだインプラントが珍しい時代でしたから、現在よりメーカーも少なく講座も少なかったと思います。

開業してからも定期的に講座を受講しましたが、私の場合、一つのメーカーだけだと考え方に偏りがあるかもしれないと思い、数社のメーカーの講座を受講しました。

また、メーカーの講座だけでなく、幅広い専門知識と技術を習得したいと思い歯科大学主催の講座も受講しました。

これらの受講数だけでも多い方なのですが、インプラントの治療をやればやるほど、自分にはまだ何か足りない様な気がしていました。

インプラントは手術が必要で専門性の強い分野ですから「もっと」本腰を入れなければいけないのではないか? 

そう思うようになり、険しい道だとわかっていましたが「それなら、専門医を取得しよう。」と決意したのです。

その後は先程お話した様に、とても大変な思いをしましたが何とか専門医を取得事するができました。

取得した後も専門医の更新やら最新の情報や知識のために日頃の研鑽は必要と強く感じています。

 

 ところで、みなさんはどの様な先生にインプラントの治療をしてもらいたいですか?

今まで通院していて、信頼出来る先生がインプラントの治療をなさっていたら、それが一番良いと思います。

しかし、頼る先生がいなかったら、どうされますか?

私は、遠い親戚にインプラントの治療を受けたいがどうすれば良いかの相談を受けることがあるので、その際は

「近くの専門医を探して。」

と言っています。

一般の先生でインプラントの治療がどこまで出来るのか、は先生によって大きく差があるようです。

インプラント専門医ならば、専門医としての基本的なラインは通過しているので、それだけで信頼性は上がります。

ですから、私が親戚に答える時にも「専門医」を探してもらうことが一番先に思い浮かぶのです。

但し、インプラント学会で認定された専門医は全国で1000人程度しか存在しないので、首都圏以外では簡単に見つからない場合もあります。親戚には少々遠くても県内ならば、来院して診てもらうことを勧めました。

 

 私はインプラント専門医を取得し、専門知識と技術を習得してきましたので、ある程度の症例にお応え出来ると思います。

インプラントの治療でお悩みの場合は相談下さい、患者さんのお話をお聞きし、総合的にアドバイス致します。

もし、インプラント治療が適切でないと判断した場合は他の治療方法もご案内致しますのでご安心ください。