4月に入り、新しい生活が始まりました。

新入生・新入社員さんが入学・入社されて初々しい気分ですね。

桜も咲き、花見にお出かけの方も多いと思います。

さて、清々しい笑顔には「白い清潔な歯」のイメージですね。

定期的に歯医者さんへ通ってらっしゃる方は、いつも白くて清潔なお口の環境が整っている事をご存じですか?

それは、「歯のクリーニング」を受けているからです。

歯医者さんに怖いイメージを持っている方も多いと思いますが、「歯のクリーニング」はもの凄く歯石が付着している場合を除いて、通常では強い痛みを感じないと思います。

ここでは「歯のクリーニング」と表現していますが、本来は「歯石」を除去することを指しています。

歯石の付着は歯肉炎・歯周病の原因になりますから、予防するためには定期的な除去が必要になります。

歯石が蓄積してくると、歯と歯肉の際に茶色又は黒く目立って会話していてる第三者にも目に入るようになります。歯肉はブヨブヨと赤くただれてきて、口臭も発生してきます。

歯石の除去は、これらの状態を防ぐために必要な処置です。

また、歯石を除去すると共にコーヒー・紅茶などで着色した歯の表面も綺麗に仕上げていきます。           

この様に定期的に歯石の除去を受ける事で歯本来の白さを維持し、炎症の無いピンク色の引き締まった歯肉となり、口臭の発生を防ぐことができます。たくさん歯石が付着している場合、当初は大変だと思いますが、次回から除去することが容易になり痛むこともありませんので安心してご来院下さい。

 歯石除去の時期としては、その方のブラッシングの状態によりますが、成人ならば最低6ヶ月ごとに来院して頂くようにお話しています。ご自身のブラッシングに自身の無い方には3~4ヶ月ごとの来院をお勧めしております、なかには1ヶ月ごとの来院を希望される方もいらっしゃいます。

 理容室や美容院に通って身だしなみを整えたり綺麗なヘアスタイルを維持したいと思うのと同じで、お口の中を清潔に保つために歯医者さんへ「クリーニング」にお気軽に来院して頂くと良いと思います。